ブログ
  • HOME
  • ブログ
  • TOP
  • やっと見つけたやりたい仕事。犬の大学に入りました。

やっと見つけたやりたい仕事。犬の大学に入りました。

やっと見つけたやりたい仕事。犬の大学に入りました。

土屋伶果さんの小さいころの夢は、ケーキ屋さんになること。
もともと犬が苦手で触ることも出来なかった土屋さんは、今自分がトリマーを目指しているなんて信じられないといいます。そんな土屋さんが選んだコースはケンネルスクールの総合制でした。土屋さんが総合制を選んだのは、科目数の多さが魅力的だったから。
集中制がトリミングを学ぶ専門学校なのに対して、総合制は知識をたくさん増やすことのできる、犬の大学のように感じたそうです。

「もともとは犬嫌いでした」

そう話す土屋さんに転機が訪れたのは、6年前、パピヨンを飼ったことがきっかけでした。犬が苦手な土屋さんは、最初は近くに犬がいるのですら嫌だと思っていました。しかし、なぜか愛犬は自分の傍に無邪気に近寄ってくる。愛犬と過ごす日々は土屋さんの犬嫌いを変えていきました。そうして次第に犬を愛おしく感じるようになりました。
ケンネルスクールに通う生徒さんの中には、土屋さんのように、犬が苦手だった方、犬を飼っていない方もたくさんいらっしゃいます。
高校を卒業し、獣医になりたいという気持ちを持ちつつ進んだホテル系の専門学校。ここで接客についてを学びましたが、楽しさを見いだせずにいました。専門学校の授業は接客の実践ばかり。もっと自分の興味の湧く事を勉強したい。専門学校の授業は、今の私のやりたいことなの?将来この仕事がしたいの?
そんな時、愛犬を飼いだしてから感じるようになった動物業界への夢を再び追いかけようと決心しました。

「トリマーは私の運命でした」

と、思えるまでにはやはり不安もありました。愛犬は可愛いけど仕事として犬をトリミングするはどうなんだろう?
しかし、犬の表情、犬の動き、犬の気持ちがとても伝わってくるトリミング中は、犬がとても愛おしくてしょうがないと感じるまでに。まるで神様が導いてくれた道のようだと話してくれました。
もともと獣医になりたいと思っていた土屋さんが、実際に授業を受けていくうちに興味を持ったのは、ビジネスオプションのメディカル学。獣医・看護学的な面を持ち合わせるこの授業を受けて、もっともっと学びたい!と思ったほどでした。
そして土屋さんが頑張る理由は、自分の将来の為だけではありません。土屋さんが獣医になりたいと思ったように、現在大学生の弟さんもまた、獣医を目指していたことも。今は違う目標に向かって頑張っている弟さんですが、姉弟2人分の夢として、動物に携わる、トリマーへ向かって日々勉強に励んでいます。

Web/来校説明会予約はこちらから

記事をシェアする